gitのちょっとしたコマンドまとめ




マスターブランチに戻す

git checkout master

git addしたときの差分確認

git diff --cached --color-words

コミット改行を含める方法

#-mは複数つけることができる
git commit -m “abc” -m “edf” -m “hij”

特定のブランチのみのログを表示する場合

git log origin/master..feature/hoge

ログを見やすくする

git log --graph --all --format="%x09%an%x09%h %d %s"

コミット間のファイル一覧取得

#name-onlyをつけるとファイル名のみ取得できる

git diff --stat --name-only [コミットID] [コミットID]

マージする方法

git merge [ブランチ名] 

#特定のファイルをマージするとき 
git checkout ${branch} ${file}

差分確認

#color-words
#→単語に色を付ける
git diff HEAD^ --color-words

git diff 実行時にファイル全体を表示させたいとき

Uは行数を表示するオプション.例えば10を設定すると差分行まわりで10行が出力される.ファイル内容について全行出力したいため大きな値9999を指定

git diff -U9999

変更を戻す場合

git checkout data/batch/mail/BAT_01_01/mail_ok_zero.txt

ブランチ削除する場合

git branch --delete foo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です