【SBI証券】投資信託 解約する方法

最近、ニュースで話題になっている2000万円問題。これは結構深刻な状態かなと思います。実質は3000万円、4000万円とか必要になるのかなと個人的には考えています。

そのため今のうちから備えておくことは重要だと思います。

自分はこの話が浮き彫りになる前から、今の日本社会や少子高齢化を考えたときにこのままでは自分たちが年をとって定年を迎えた頃には年金はもらえないと思っていました。

そのため、何か行動しないといけないと思い下記の本を参考に投資信託を2016年11月から始めました。

 

投資信託を始める上で参考にした本

この本は3年くらい前に読んだので内容は結構うろ覚えですが、投資についてわかりやすくまとめてあったのですごい参考になりました。

自分は投資信託ははじめての経験で何も分からない状態だったので、まずはこの本で書かれていることを忠実に実践してみました。

証券口座を開設

この本でSBI証券が最初に紹介されていたのでネットでSBI証券を検索しTOPページから証券口座を開設しました。


投資先

  • 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
  • 三菱UFJ国際-eMAXISバランス(8資産均等型)

この投資信託に3000円ずつ、毎月積み立てていくように設定しました。

1年後には7.2万円。

2年目から6000円ずつ積み立てて、2019年6月現在で29.9万円になりました。


積み立て投資をしてみて感じたこと

  • 小さい金額でもコツコツと長い期間やっていくと大きい金額になる
  • 何もわからなくても「エイ!ヤー!」でできる
  • 投資の考えが身につく
  • ほっといてもそんなに問題ない
  • 気づいたら利益が出ていた


投資信託解約について

解約しようと思ったきっかけは積み立てNISAの影響です。

今まで積み立ててきたものはNISAを使っていなかったので、いい機会だと思い積み立てNISAをやってみることにしました。

やっぱり運用益が非課税になるのは大きいですからね。

今積み立てているものをそのまま積み立てNISAにしても良かったんですが、
他に良い投資先を見つけたのでそっちにシフトしようと思い今回解約することを決めました。

この投資先は信託報酬手数料が次の投資先のものよりもちょっと高めだったのも解約する理由の1つでした。

ただ、解約しようと思ったときに初めて解約するのでどうやってやるのかわからなかったです。
上の画像の売却リンクをクリックし下記の画面から全額解約をやってみました。

締切期間が15:00とあったので、15時になる前に解約してみたのですが、16時になっても現金化されていなくて不安になり調べてみました。

参考サイト
https://www.morningstar.co.jp/moneyschool/fund/d91.html

投資信託を換金したときの代金は、受け取れるまで申込が受け付けられてから最低3営業日かかります。 換金した代金が支払われる正確な日数は、商品ごとに異なります。


なるほど、結構時間かかるんですね。
勉強になった。


現金化されたら最終的にいくらプラスになったのかまたまとめようと思います。

次の投資先

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • LINEのスマート投資


次の投資先は↑を考えています。この投資信託の経験を活かしていろいろチャンレジしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です